パッシブデザインハウスミライエ

スタッフブログ



断熱?気密?小さなエネルギー?

2018年 05月 24日 (木)

こんばんはm(__)m

今日も良いお天気で、一段と暖かい?暑い?一日でしたね(^_^;)

そんな今日、現在進行中の「お母さんと一緒に暮らす南北に長い敷地のパッシブデザインハウス」で、家の快適さに左右する気密性を確認する為の、「気密測定」を行いました(^^)

 

 

 

 

 

 

 

測定結果は、建物全体の隙間相当面積=C値というもので表されるのですが…

その数値は…

0.3㎤/㎥(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それって良いの??(・・;)

かもしれませんが(^_^;)

少なくともこのC値が2.0以下でないと高気密とは言えないかな?

ですので、1.0は下回りたいところであります(^^)

そう考えると、大幅に下回る0.3という数字はそこそこ高気密といった感じです(^^)

弊社では、C値1.0以下が最低基準とし、基本ベースとしているのは0.5程度を考えています。

ということで、今回は「大変よくできました~♪」といった感想です(^^)

職人の皆様ありがとうございましたm(__)m

これで実際に快適で健康的で省エネに暮らせる住まいの完成に一歩前進です♪

 

さて、そんな「快適で健康的で省エネな住まい」は、「小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まい」と言い換えることができます(^^)

その「小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まい」をつくる為には欠かせない一冊の本が先日発売されました(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、弊社もアドバイザー拠点として参加している「1985アクション」の、「Forward to 1985 energy life」の公式解説本!!

その名も!!

「小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まいをつくる」(^^)

著者は勿論!!

Forward to 1985 energy lifeの代表理事 野池政宏先生♪

今注目され始めている「パッシブデザイン」をはじめ、太陽や風とうまく付き合う暮らし方や、省エネ設備の選び方などの具体的な手法が満載の内容!!

らしいです(^_^;)

実は私もまだ読めていないので、詳しくは書店にて!!

で、お願いいたします(^_^;)

早速弊社の大工さんに貸し出し♪

私も早く読まなきゃ(-_-;)

もし宜しければ、本屋さんで手に取ってみて下さい(^^)

でも…

難しい内容なんじゃ…?(-_-;)

大丈夫です!!

これからパッシブデザインを取り入れて、小さなエネルギーで豊かに暮らせる住まいをつくろうとしている実務者の方は勿論、これからそんな住まいでくらしたいとお考えの方にも読みやすく、分かりやすい内容になっているようなので、是非一度読んでいただければきっと何かのお役に立ってくれる一冊だと思っております(^^)

読んでない人が言うな!!

ですよね~(-_-;)

早く読みます!!(^_^;)

 

あ!!最後になりましたが、弊社のお客様はには、勿論購入していただけると嬉しいのですが、無料で貸し出しも考えていますので、お気軽にお声かけ下さい(^^)