パッシブデザインハウスミライエ

家づくりへの想い

強くてちょっとお洒落なだけじゃなく、

香川の気候風土に合わせたパッシブデザインの家づくり。

 

ずっと住み続けるお客様の大切な家を、1棟1棟丁寧につくり上げたい。そして、お引き渡し後も何気ないことで盛り上がれるような関係をずっと続けたい。そんな住まい手とつくり手の楽しい未来を実現したいと考えています。

建築設計事務所で培った知識と、建設会社で学んだ技術をあわせ持って、使い勝手や変化する家族のことまで考えるのは勿論、実際に快適で、健康的で、省エネになる住まいを目指し、光や風などの自然エネルギーを最大限に活用・調整できるように工夫する、設計の考え方や手法であるパッシブデザインの家を、強くてちょっとお洒落に提案しています。

パッシブデザインの家づくりで大切なのは、香川で住む家だからこそ、香川の気候風土にあったものでなければいけません。さらには、それぞれの土地によって陽の当たり方や風の吹き方は様々。だからこそ香川の気候風土を理解した上で、その土地にあった計画が大切なのです。その場所で、その家族が住む家だから二つとして同じ家はできない。その唯一無二の家で一番快適に暮らせる家はどんな家なのか。住まい手の希望だけではなく、ライフスタイルなども考慮して、話し合いを重ねながらパッシブデザインを取り入れてくれるのです。

そんなパッシブデザインの家でも、特に冬の寒さを軽減するためには、断熱や気密も重要です。そんな難しい問題でも設計士だからこそ任せられる。しかも、冬季と夏季の最低温度と最高温度の目標値を設計時に設定し、それを実現するために、パッシブデザインを用いた意味のあるお洒落なデザインで提案する。

これが「パッシブデザインハウスミライエ」の家づくりです。

 

パッシブデザインハウス ミライエ 代表 塩田英範