パッシブデザインハウスミライエ

passive design house MiRaieの標準仕様

①安心・安全な構造であること。

安心・安全な構造であることは当然のことで、家を考えているご家族はみなさんそう思っています。

でも構造のことは難しくて分からないなどの理由から、我々建築業者に任せて下さります。

だからこそ尚更安全でない家を提案することはあってはいけません。

揺れに対応する壁の量や配置、バランス。

または、軸組の大きさや上下階の柱や壁の位置関係など。

当たり前のことではありますが、この当たり前のことを理解していなければそもそも安全な家を提案することなんかできない…。

設計士と造る家だからこそ安心して家づくりに向かってもらえる。

設計士が考える安全・安心な家こそがpassive design house MiRaieの標準仕様の大前提です。

当たり前のことすぎますが、一番大切なことなのです。

 

 

②パッシブデザインの家であること。

自然のエネルギーを活用・調節し、快適で健康的に暮らしながらも、省エネな住まいを目指すことができる「パッシブデザイン」。

この「パッシブデザイン」を取り入れた快適・健康的・省エネな家こそがpassive design house MiRaieの標準仕様です。

パッシブデザインについてはこちら

 

 

③それぞれのご家族に合わせた計画であること。

間取りや使い勝手、資金計画等、ご家族ごとに異なる条件に合わせて計画し、現場に反映する。

これも当たり前のことですが、とても重要なこと。

設計士がご家族のごとに詳しくヒアリングを行い計画し、使用ずる材料や設備機器などもそれぞれのご家族の意向や暮らし方やコストなど、メリットやデメリットを共に考えながら提案し、計画を進めていきます。そして、その設計士自身がが現場監督を行い、ご家族の意向を現場に反映する。

だからこそ、それぞれのご家族に一番近い家を本当に提供できると考えています。